ゴルフをして健康な体をつくる

ゴルフの中で最も重要なパッティング

ゴルフは「パットイズマネー」と言われるほど、パッティングが重要なスポーツです。ゴルフ経験者なら誰しも味わったことがあると思いますが、ナイスショットをして数客ヤードの距離を2打で打ってきたのに、僅か数メートルの距離をパットで3回も打ってしまうのは、本当に悔しくてたまらないことです。パットの調子が良いときは、ゴルフ自体のリズムが良くなり、自ずとスコアもまとまります。少しピンから遠い場所に乗せてしまったとしても、自信があるので必ず2パット以内に収めることができると思えるのです。でも、パットの調子が悪いときはゴルフのリズムがとても悪くなります。折角良いショットしても、パットを外してばかりいると、気分もイライラしてきますし、それが今度は他のショットにも響いてしまうからです。

でも、パットは本当に難しいものです。一流のプロでも1番悩むことが多いクラブはパターでしょう。超有名選手でも、パットのフィーリングが合わなくて、グリップを変えたり、長年使用していたパターを変えたりしているのを見かけます。それだけ、簡単に調子が悪くなってしまうのがパターなのです。又、ゴルフ場によってもグリーンの形状や特徴に差があるため、どこでも自信を持ってパットを打つのは本当に困難なことです。