ゴルフをして健康な体をつくる

ゴルフのアイアンで短い距離を正確に打つもの

ボールを投げるときに上から投げる方法と下から投げる方法があります。上からだとスピードがある分コントロールミスすることがあります。下からの場合ふんわりと投げられるのでコントロールしやすくなるのです。慌てているとどちらで投げようか迷ってしまうことがありますが、落ち着いて判断をしないといけないところでしょう。長い距離だと力が必要なので上からも必要ですが、短い距離なら確実に下からの方がいいこともあるのです。

ゴルフの場合に上から打つ、下から打つはありません。どれも下からすくい上げるような形です。でもクラブの形状などによって、遠くに飛ばせる、浮き上がらせられる場合があります。アイアンには特に浮き上がらせるのに特化したクラブが用意されています。それがピッチングウェッジと呼ばれるものです。グリーン手前から狙うとき、強く打ちすぎればグリーンを越えてしまいます。それを防ぐためにこのクラブを使うようにすることがあります。

その他にはサンドウェッジと呼ばれるものがあります。これはバンカーから出すもので、こちらも上にすくい上げるようにして使うものです。ボールは強く飛び出しませんから、グリーンなどでも遠くに流れることはなくなります。

関連キーワード