ゴルフをして健康な体をつくる

ゴルフにおいては遠くに飛ばすか上に上げるか

ボールを投げるとき、すぐ近くであればボールを高く上げる必要はありません。直接目的物に当てればいいでしょう。スピードも落ちないまま的に向かっていきます。しかし、遠くの場合、そのまま投げると目的地に到達する前に落ちてしまうことがあります。そこで上に上げるのを意識して投げることがあります。そうすると長い距離を投げられるようになります。そのままのほうがいいのか、上に上げたほうがいいのかの選択をすることがあります。

ゴルフのクラブにおいて、アイアンでは飛ばすのか上に上げるのかで違いがあると言われます。ショートホールではアイアンで1打目を打つことがあるくらいです。こちらは上げるよりも遠くに飛ばすことを考えたものです。別のクラブにおいては、遠くよりも上に上げることを考えたものです。投げるときには遠くに飛ばすために上にあげようとしますが、この場合はそうではありません。林を越えたり、距離を調節するために上に上げます。上にふわりと上がると飛びすぎません。

飛ばしたいときに上に上がるものを使えば思い通りに飛ばせませんし、飛ばしたくない時に飛ばすアイアンを使ってしまうと飛びすぎてしまいます。選択を間違えないようにして、その時にあった打ち方をします。

関連キーワード