ゴルフをして健康な体をつくる

ゴルフで遠くに飛ばしたい場合にはドライバーを使う

てこの原理と呼ばれるものがあります。小さい力で大きなものを持ち上げたり動かしたりすることができるとされています。昔は今のように自動車などの道具がありませんでした。すべて人が自分たちで物を持ち上げる必要がありました。現在においては作業現場などではこの原理は使われないかもしれませんが、スポーツにおいては使われることもあります。それによって少ない力でも遠くに飛ばしたりすることができるのです。

ゴルフにおいて、いろいろな長さのクラブがあります。長いものから短いものまでいろいろあります。短いもの場合、それを振ったとしても移動する距離がそれほど多くありません。それが、長いものになるとより長く動くことになります。その間に大きな力が生まれます。長いクラブで打つことによって、より遠くに飛ばすことができるのです。これはドライバーと呼ばれるクラブになります。ボールが当たる部分が気になっていたためにウッドと呼ばれることもあります。

非常に長くて当たると飛びやすいのですが、長いのでコントロールし難いことがあります。慣れてくればこれくらいの長さはなんともないと思いますが、最初はなかなかボールが当てられません。あたってもボールが転がる程度おこともあります。