ゴルフをして健康な体をつくる

ゴルフをする時のスタンス

力を入れるときもあれば力を抜いてリラックスする状態のこともあります。力を入れるときは、力が入りやすいような姿勢がいいでしょう。多少疲れても力をいれるのは一瞬だけのこともあります。一方リラックスするときはあまり力を入れすぎてはいけません。そうすると疲れてしまって長くリラックスを保つことができなくなるからです。今からどうするかによって適した姿勢をすることによって、その後の行動がうまく出来るようになります。

ゴルフにおいてスイングをするときにはどのようなスタンスで行えばいいのでしょうか。この時にはできれば力を十分に伝えたいです。そのためには肩幅程度に開くのがいいと言われます。スタンスを狭くするとどうなるかです。気をつけの状態に近いです。この時は身体自体は回転しやすくなるのですがあまり力が入らない状態です。あまり飛ばすことができません。広くするとどっしり構えるので力を出すにはちょうどいいのですが、体がうまく回転できません。

肩幅ぐらいがちょうどいいと言われているのです。人によって多少狭くしたり、広くしたりすることで最適のところを見つけられると思います。この方が飛距離が出る、安定する位置を探せば、ベストのスタンスが見つかります。

関連キーワード