ゴルフをして健康な体をつくる

ゴルフのクラブは握り方で選ぶ

卓球のラケットの持ち方としてペンホルダーとシェイクハンドがあります。それぞれラケットが異なり、別のラケットだと握りにくくなってしまいます。ですから合っているものを購入しないといけません。卓球の場合は握り方が明らかに異なるのでわかりやすいですが、スポーツによっては見た目にはほとんどわからないものもあります。自分自身が自然に握っていた持ち方がどのようなものか知らないと、間違ったものを買ってしまうことにもなります。

ゴルフのクラブにおいて、握り方で選ぶようにします。多くの人が行う握り方としてはオーバーラッピンググリップがあります。右利きにおいて、右の力が強い場合において握る方法です。右手の小指を左手の人差し指に重ねて持つことになります。そうすることで力が伝わりやすくなるのです。最初に教わるので、そのまま慣れてしまうことがあります。ただ、人によっては人から教わらずに自分で勝手に握ろうとしてそのままの人がいます。

ベースボールグリップと呼ばれる持ち方があります。野球のバットの持ち方に似ている方法になります。誰からも教わらないとこの持ち方になってしまうことがあります。間違いではありませんが、それならそれにあったグリップのものを購入します。

関連キーワード